ホーム しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力  l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力  l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 付き合い力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力

文章力

書き力 必要な要素を含み、無駄のない文章を作ることができる能力
分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 70%
自己コントロール 15%
問題解決 15%

系統  対人 / 行動 (発言系)

関係が深い特性  客観性

強化ポイント
数多くの経験
(意識的に強化する行動が必要)

使用場面・用途・効果
1.仕事の意思伝達の場面で使用
2.伝えるべき事を正確に分かり易く表現する
3.協働する場面での積極的な協力をもたらす
4.無駄や間違いのない迅速な仕事を実現できる
どんな力? 1.
必要な要素を全て含み、読み手にとっての分かり易い文章を作成する力

2.
文章の書き手が伝えたい事を読み取る力
メリット 簡潔かつ、必要な情報が盛り込まれたビジネス文章を作成できるため、素早く、効率的に仕事を進められる。
注意点 文章作成時の時間の掛け過ぎには注意したい。

上手な文章が書ける人は、相手の読む姿が想像できる、心配りのできる人に多いが、
ビジネス文章に求められるのは早さと正確さであって、過度の装飾語は邪魔になる。

全てを伝えたい気持ちを抑え、スピードを意識したい。
ひとこと 文筆、出版に関する業界でなければ、力を伸ばす意識があれば、読み書きに関する技術的な問題はすぐにクリアされると思います。
(文章の入り 【挨拶力】 と、最後の締め 【幕引き力】 は重要)

仕事上、プラーベートを問わず、やり取りに絡む何らかのトラブルに遭っていない人を探すのが難しいほど、メールは一般的なコミュニケーション手段になっていますが、
多くのトラブルは、慣れによる気配りの欠如が原因と思われます。

電話や会話と違い、相手の端末に残り続けるという怖い点、
必ず届く訳ではないという点などを思い出しつつ扱いたいと思っています。


Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved
inserted by FC2 system